国際銀行間通信協会(swift)

Discussion in '知識が満載' started by Miyuki, Feb 11, 2007.

  1. Miyuki

    Miyuki Administratrix Staff Member

    メールの中でSWIFTという言葉を何回か目にしたことがあるでしょう。世界中の2800以上の銀行が国債銀行間通信協会(SWIFT)に入っていて、SWIFTが扱う金額は一日のトータルで2兆USD$にのぼります。銀行間のメッセージをやり取りするネットワークを運営していてメッセージは送信するが支払い業務は行わないシステムです。メッセージではどのように支払われるか示されていますが支払いはCHIPやFedwireのような別のシステムによって行われます。メッセージはコンピューターが明らかのその人のもであることを示す暗号化した端末によって送信されます。電子信用状や外国為替取引の情報、有価証券の売買や譲渡の注文を配信し銀行間の振り替えをするのによく使われでいます。

    SWIFTがクレジットカードを発行することは絶対にありません。

    SWIFTに関するリンクはこちら。英語です。ちょっと面白くないです、が。
    http://www.swift.com/index.cfm?item_id=1001
     
  2. Godzilla

    Godzilla Super Moderator Staff Member

    なぜ詐欺師達はswiftコードを聞いてくるのか。
     
  3. Miyuki

    Miyuki Administratrix Staff Member

    第一に、詐欺をもっと本当らしく見せるために詐欺師達はswiftコードを聞いてきます。

    第二に、そして最も重要な観点は、もし彼らが本物の銀行員だったら簡単にコードが分かる。あなたに聞く必要はありません。また、弁護士ならば銀行員に聞くのであなたに聞くことはありません。
     

Share This Page