注意!!米国籍男性詐欺師 Tony Simoneau

Discussion in 'ネット交際詐欺' started by J-1, Apr 12, 2010.

  1. J-1

    J-1 New Member

    2009年9月頃より、兵庫県加古川市に潜伏の可能性あり。
    アメリカ国籍男性 Anthony Edward Simoneau

    【名前】Tony(Full Name:Anthony Edward Simoneau)トニー・シモノー
    【人種】白人種アメリカ人※本人はイタリア系と言っている。
    【生年月日】1968年6月8日生
    【出身地】Boston ※と、本人は言うが、実際は隣のNH州
    【過去住所】
    335 Cypress St, Manchester, NH 03103
    2828 Upshur St, Apt 225, San Diego, CA 92106-3041
    555 Hahaione St Apt 10C, Honolulu, HI 96825
    ※現住所不明だが、家族(両親・妹)米国ニューハンプシャー州。

    【タトゥー】
    右ひざ下に黒漢字で「合気道」、左ひざ下に「大胆不敵」、
    さらに左胸に「United States Navy SEALs」エンブレム。
    ※エンブレムは下記画像を参照
    http://ja.wikipedia.org/wiki/ファイル:US_Navy_SEALs_insignia.png

    【言語】
    スムーズに日本語を話す。話し方は穏やかで紳士的。
    読み書きは不得意です。カタカナで「トニー」程度は書ける。

    【体格】
    190cm100kg超の大変大柄男性、目立ちます。
    振る舞いは紳士的、また、羽振りがよく、たくさんの現金を所持。

    【服装】
    大柄体格ゆえ、ゆったりめのトレーナー、Tシャツが多い。
    また、高価な腕時計、ごつめの指輪をしている。

    【携帯電話1】+16193095177
    【携帯電話2】+16195491049
    【携帯電話3】080-3863-4451
    【携帯電話4】080-4022-8137
    【メールアドレス1】anthonysimoneau@gmail.com
    【メールアドレス2】simoneau-t@hotmail.com
    【メールアドレス3】makeusmile992003@yahoo.com
    【メールアドレス4】makeursmile@tmo.blackberry.net
    【メールアドレス5】makeusmile@softbank.ne.jp ※携帯ゆえ、頻繁にメアド変更している可能性あり。

    【出身大学】
    USC University of Southern California ※本人の主張による。

    【職業】※あくまで本人による、真偽は不明。
    1.K-1ファイター
    2.歯科医(口腔外科)
    3.NSA(National Security Agency:アメリカ国家安全保障局)関連の仕事
    4.合気道師範(本人曰く:黒帯、日本の警察に指導している)
    ※以下は過去職業と本人が言っている
    5.元Navy SEALs(アメリカ海軍特殊部隊)、91年湾岸戦争時イラク派兵経験あり
    6.元NFLプレーヤー(New Orleans Saints/Atlanta Falcons)

    【座右の銘】
    "life is like a box of chocolates..You never know which one your gonna get"

    -----------------------------------------------------------------------
     
    Last edited: Apr 16, 2010
  2. Dororo

    Dororo Administrator Staff Member

    こわいよ!!

    Cold murder mystery heats up with focus on husband
    Posted: Sep 14, 2011 3:35 PM Updated: Sep 14, 2011 3:52 PM KFMB 760/ TV 8, San Diego
    By Richard Allyn,

    http://www.760kfmb.com/story/1545694...cus-on-husband

    A cold case in San Diego is heating up: a dead woman's body went unidentified for years, and her husband never reported her missing. Now, court documents are revealing details about their marriage.

    Fumiko Simoneau disappeared back in 2007, while living in Point Loma. Her body was found days later in the Anza Borrego desert. However, a search warrant affidavit claims her husband kept talking to people as if she were alive.

    Fumiko's husband, Anthony Simoneau, had actually filed for divorce back in 2002, then suddenly withdrew those papers soon after Fumiko inherited a large amount of money from relatives in japan.

    After that, according to court documents, he went on a spending spree, buying four Land Rovers, four boats, a Hummer and a motorcycle.

    A few years after that, Fumiko went missing: something Simoneau never reported to authorities.

    The family of Japanese-born Fumiko Simoneau says the last time they ever talked to their loved one was the first week of January 2007.

    Later that month, the decomposed body of a woman was found buried in a shallow grave in the Anza-Borrego desert.

    That corpse remained unidentified for three-and-a-half years, until DNA provided by Fumiko's parents confirmed it was their then 41-year-old daughter.

    But according to this search warrant affidavit, Fumiko's husband, Anthony Simoneau, a former dental technician in the Navy, never reported his wife missing.

    The couple had lived in this Point Loma apartment complex and even after Fumiko went missing. He continued "to speak about Fumiko as though she were alive and married to him".... telling different stories to different people....

    To some: that Fumiko was setting up the couple's new home in Hawaii. while to others, that she had returned to japan to tend to a sick relative.

    One former friend of Anthony Simoneau called him "a con artist, a liar and evasive," telling investigators he witnessed Simoneau threatening Fumiko "if you ever try and leave me I will kill you."

    Meanwhile, Simoneau's trail extends into cyber-space where, according to court documents, a string of Japanese women claim "to have been defrauded" by Anthony Simoneau, writing on web sites like JapanCupid.com and DatingPsychos.com, that Simoneau "promised them love and marriage and then took their money," with one woman warning "do not believe any of his lies" and "he has no morals or conscience."

    According to the search warrant affidavit, Anthony Simoneau left San Diego in August 2007, eight months after his wife was last heard from, and lived with his parents in New Hampshire, during which time, he conned his father out of $140,000.

    Simoneau later moved to Hawaii, where he had recently pleaded guilty to felony theft, and is currently on supervised release.

    According to the search warrant affidavit, a new court order is being sought to have Fumiko Simoneau's body exhumed and re-examined to try to determine exactly how she died.
     
  3. Marie

    Marie Administrator Staff Member

  4. Unnn

    Unnn Guest

  5. Dororo

    Dororo Administrator Staff Member

    2011/9/20 19:30

    http://www.j-cast.com/2011/09/20107763.html?p=all

    米カリフォルニア州の砂漠で、4年前に行方不明となった日本人女性の遺体が見つかり、地元警察は殺人事件を視野に捜査を進めている。一方で、この女性の夫である米国人男性は、女性が姿を消す前から「出会い系サイト」に登録し、複数の女性と交際していたというのだ。

    出会った女性たちとは、金銭をめぐってトラブルを起こしていたという。あるサイトには男性のプロフィルがさらされ、そこには「金の亡者」「うそつき」とののしる言葉が並んでいる。

    日本人と外国人との出会いに焦点当てる

    日本人妻が行方不明となったのは2007年だが、夫である米国人男性は06年から出会い系サイトを通じて別の複数の日本人女性と知り合い、交際に発展したと伝えられている。

    米報道によると、男性は主に豪州の企業が運営している出会い系サイトを利用していたという。「日本人と外国人との出会い」に焦点を当てているサービスで、英語だけでなく日本語、ドイツ語、フランス語、韓国語にまで対応している。登録はすべて日本語で可能だ。

    対象は「メルトモ」探しから結婚前提まで幅広いが、「外国人との出会い」を望むだけあって日本人会員で自己ピーアールや好みのタイプを自由に書き込む欄には、英語で入力している人が少なくない。一方、外国人の会員は、日本語で書き込んだり、日本在住だったりといったプロフィルが見られる。会員同士でメールやチャットのやり取りを通じて交流を深めるが、有料会員になれば、自分のプロフィルが他の会員より優先的に表示されたり、「ビデオメール」をつくって送ることができたりと、「自己アピール度」を高めることができる。

    登録する情報は多岐にわたる。身長、体重から髪の色といった外見や、結婚・離婚歴、子どもの有無、収入、語学力も問われる。その代わりに「求める相手」への条件も細かく設定できる。将来の「移住」についても希望を聞かれるところが、外国人との交流をうたうサービスらしいところだ。ただし、内容を偽って登録すること自体は、難しくなさそうだ。

    米国人夫のプロフィルは、既に削除されたのかこのサイトでは見られなくなっている。当時はファーストネームと、日本の在住地で登録していた模様だ。

    「女性をゴミのように扱う」との書き込みも

    この米国人男性と出会い系サイトで知り合い、交際したという日本人女性が、情報番組で当時の様子を語った。この女性はどれほど英語が堪能か不明だが、米国人男性の方は日本語会話力が比較的高かったという。女性によると、「チャットから始めて、電話番号を教えたら男性の方から毎日かかってくるようになった」。そこで有名大卒、合気道黒帯、職業は医師といった「華麗」な経歴を披露したそうだ。電話口で得意の日本語力を生かしたのかもしれない。

    実際に交際がスタートすると、「クリニックの経営に必要」「妹が病気になった」といった口実で女性から数十万円を送金させた。ほかにもこの男性と金銭トラブルに巻き込まれた女性は複数存在するようで、中にはクレジットカードを不正に使われたケースもあるようだ。

    この出会い系サイトとは無関係の、米国のある「苦情サイト」には、この男性が「出会い系異常者」として書き込まれていた。実名から自宅の住所、電話番号や携帯電話、メールアドレスが今でも閲覧できるような状態だ。

    男性の評判は散々だ。「金の亡者で詐欺の常習犯、病的な嘘つき」「目的を果たすためなら、女性をゴミのように扱う」「未婚で子どもがいないと言いながら、本当は結婚と離婚を繰り返し、子どももいる」といった内容だ。そのうえで、
    「今も婚姻関係は続いているのに、奥さんと一緒に暮らしていない」

    といった記述もあった。事実、2007年に行方不明となった日本人女性とは、今でも法律上は夫婦となっている。

    サイトの書き込みは、この男性に個人的な恨みを持つ人の嫌がらせかもしれず、内容が全面的に正しいとは断定できない。だが、日本のネット掲示板にもこの男性の「悪評」がかなり書き込まれているのもまた事実だ。

    男性は、日本人妻が行方不明になって以降、捜索願を出していなかった。一方で、出会い系サイトで知り合った複数の女性と、金銭をめぐってトラブルになっており、不可解な点も多い。
     

Share This Page