米国ではロマンス詐欺で起訴された80人

Marie

Administrator
Staff member
ロマンス詐欺 – 数百万ドルをだまし取った疑いで 80 名を起訴

英語 : US names Nigerians in massive fraud investigation

28 Aug 2019
ヴァース・リサ、著者

米国司法省は、2019 年 8 月 22 日、企業、高齢者、女性を標的にしたオンライン詐欺で数百万ドルを盗もうと共謀した 80 人の被告 (そのほとんどは、ナイジェリア国籍) を起訴し、252 件の、145 ページにわたる連邦起訴状を公表しました。

連邦当局は 2019 年 8 月 22 日の 記者会見で、あるロマンス詐欺の被害者に関する事例を引用しました。

起訴状では「F.K.」とのみ紹介されているその日本人女性は、オンラインで文通相手を探すための国際的なソーシャルネットワーク上で、のちに数百、数千ドルを巻き上げられることになる詐欺師に出会ったとのことです。

F.K. さんは、シリアに駐屯していたアメリカ陸軍大尉「Terry Garcia」氏とやりとりをしているのだと思い込んでいました。10 ヶ月以上の間、日々のメールやりとりで Garcia 氏は国外にダイヤモンドを持ち出す計画を説明していた、と言います。

F.K. さんは姉、前夫、友人から、偽の彼氏を助けるために借金をしましたが、最終的には、ダイヤモンドなどなかったということが判明しました。

20 万ドルの損失をした彼女は破産寸前で、連邦政府の起訴状によると以下のように述べられています。

(引用文日本語訳) F.K. さんはこの損失に対し非常な不満と怒りをあらわにしています。それが彼女にとってどんな影響を与えたかを聞いている最中、彼女は泣き出しました。

起訴状が公表されたのは法執行機関が全米で 14 人の被告人を逮捕したあとで、そのうち 11 人はロサンゼルス周辺で逮捕されました。被告のうち 2 人は他の容疑ですでに連邦政府の管理下にあり、 1 人は 8 月第 4 週の初めに逮捕されました。残りの被告のほとんどは国外 (主にナイジェリア) にいると考えられており、捜索はまだ続いています。

容疑者は、ビジネスメール詐欺、ロマンス詐欺、高齢者を狙った詐欺など、さまざまなオンライン詐欺の手法を利用して、被害者から計 600 万ドルをだまし取ったとされています。容疑者はさらに 4,000 万ドルを得ようとしたと考えられています。

同じく 8 月 22 日に公表された起訴状によると、この容疑の 2 人の首謀者はカリフォルニア州カーソンの Valentine Iro (31) と、カリフォルニア州ガーデナの Chukwudi Christogunus Igbokwe (38) という人物で、二人は共にナイジェリア国籍を持っています。起訴状によると 2 人は銀行口座のブローカーのようなことをしており、共謀者は、被害者からだまし取ったとされる資金を受け取る銀行口座や金融サービス口座を作るために、Iro と Igbokwe に連絡をとっていたとされています。

共謀者たちが被害者に送金をさせる説得に成功したあとは、Iro と Igbokwe は大規模なマネーロンダリングネットワークを利用したようです。このネットワークは、ナイジェリアの銀行のアプリケーションを利用して、米国の銀行口座にある資金をナイジェリアの通貨ナイラへと変換して送金する、仲介人らのネットワークによって成り立っていました。仲介人は、自分たちが管理するナイジェリアの銀行口座から、Iro と Igbokwe が指定したナイジェリアの銀行口座に資金を送金していました。

首謀者とされる 2 人の人物は、必要に応じて特定の企業名の銀行口座を開設し、企業が金銭を支払うよう仕向けるために使っていました。正規の企業を装った偽の企業名義の口座の作成に加え、ロサンゼルス郡登記官/記録官事務所に架空の企業名を記載した書類を定期的に提出していました。この書類は、偽の口座が開設された際、銀行に提出されていました。

法執行機関は、マネーロンダリングの仲介人であったとする 2 人の被告を逮捕しました。起訴状公表の次の日曜日に政府管理下に置かれた、カリフォルニア州カーソンの Jerry Ikogho (50) と、カリフォルニア州フォンタナの Adegoke Moses Ogungbe (34) です。

米国政府は、80 人の被告に対し、詐欺の共謀、マネーロンダリングの共謀、そして悪質な ID 窃盗の容疑をかけています。多くの被告が、詐欺、マネーロンダリングの罪にも問われています。一部の被告は、違法な送金ビジネスを行った罪にも問われています。

Iro、Igbokwe、Chuks Eroha (39) は、 2017 年 7 月に FBI が捜査令状を執行した際に、携帯電話を破壊しようとした罪でも起訴されています。Iro は FBI の捜査中に虚偽の供述をした罪にも問われています。Eroha は、FBI が捜査令状を執行してほどなく、ナイジェリアに逃亡したと考えられています。

増加するロマンス詐欺の報告

8 月 22 日の記者会見で、FBI ロサンゼルス局の Paul Delacourt 氏は、増加するロマンス詐欺の危険性について警告しました。

2019 年 8 月上旬、FBI のオンライン犯罪部門である the Internet Crime Complaint Center (IC3) は、恋人を装ってオンラインデートサイトを利用して行うロマンス詐欺、信用詐欺の件数が増加している、と注意を呼びかけました。現在流行している詐欺の手口では、金銭を送るよう説得してくるだけではなく、マネーロンダリングの仲介人やドラッグの運び屋になるよう説得をしてくることもある、と FBI は述べています。

ここ数年でこのような詐欺は大量に報告されています。FBI の統計では、2017 年に 1万5,000 人以上の人が IC3 に対して苦情の申し立てをしており、ロマンス / 信用詐欺の被害で総計 2 億 1,100 万ドル以上の被害額が報告されています。翌 2018 年には、この数値は 70 %以上増加し、苦情を申し立てた被害者の数は 1万8,000 人を超え、被害額は 3 億 6,200 万ドルを超えました。

被害者の数に基づくと、この種の詐欺は昨年、7 番目に報告が多いものでした。金額面では、被害者が報告した中で 2 番目に損害の大きい詐欺でした。FBI によれば、年齢、学歴、所得層に関係なくあらゆる種類の人が被害にあっていますが、最も標的にされているのは高齢者、女性、配偶者を失った人たちのようです。
手口

その手口は以下のようなものです。まず詐欺師は被害者の信用を得ます。そして金銭を送るように説得します。その使用目的は、恋人の元を訪れるための航空券代の時もあれば、道中で逮捕されてしまった恋人を仮保釈するお金である時もあれば、信用を得る目的の時もあれば、まだ会ったすらない彼 / 彼女に家を買ってあげるためのお金であるときもあれば、とにかくあらゆる御涙頂戴のでっちあげ話を理由にしています。そしてそれが実にうまいこといくのです。うまくいきすぎると言ってもいいくらいです。
ビジネスメール詐欺

ロマンス詐欺は、この大規模な共謀が利益を得ている手法のほんの一部でしかありません。法廷書類にあるように、ビジネスメール詐欺によっても巨額の利益が得られています。

ビジネスメール詐欺とそれがもたらす利益は急増しています。FBI による 2018 年のインターネット犯罪報告書では 2 万 373 件の ビジネスメール詐欺、乗っ取られた電子メールアカウントによる詐欺に関する苦情が報告され、昨年は 12 億円以上の損害を出している、とのことです。

この種の詐欺では普通、ソーシャルエンジニアリングやコンピューターへの侵入で漏洩した、正規の企業の電子メールアカウントによって、承認されていない送金が行われます。

その手口は急速に巧妙化しています。FBI の 2018 年のインターネット犯罪報告書には以下のように述べられています。

(引用文日本語訳) 2013 年にビジネスメール詐欺、乗っ取られた電子メールアカウントによる詐欺が恒常化した時には、最高経営責任者や最高財務責任者の電子メールアカウントへのハッキングやなりすましから始まり、不正な電子メールが送信され、不正な場所への電信送金が要求されました。長年にわたってこの手の詐欺では、個人的な電子メールやベンダーの電子メールアドレスが乗っ取られたり、弁護士の電子メールアカウントへのなりすましが行われたり、源泉徴取情報が要求されたりしています。また、不動産業界が標的になった場合もあります。

乗っ取られた電子メールアカウントが悪用された詐欺で不動産業界が狙われた事例は今年上旬にありました。この事案では、オーストラリアにある家を海外から販売されたことによってある女性が 15 万ドルも騙し取られました。

さらに最近の事例では、ノースキャロライナ州のある郡がビジネスメール詐欺に遭い、172 万 8,083 ドルもの被害を受けています。さらに甚大な被害に遭っていた恐れもあります。カバラス郡は、新しい高校の施設を建てるための工事資金として詐欺師に支払った 250 万 4,601 ドルのうちの一部を取り返しています。

詐欺師はソーシャルエンジニアリングを利用して、Branch and Associates というカバラス郡の学校地区に新しい学校を建設していたゼネコン会社になりすましていました。

誰もが標的になりうる

詐欺師は当然、ありとあらゆる種類の人を狙っています。愛を求めて、出会い系サイトや文通サイトを閲覧している女性であれ、ソーシャルエンジニアリングで金銭をだまし取ることのできる高齢者や企業であれ、誰でもです。8 月 22 日の記者会見で、米国連邦検事の Nick Hanna 氏は、詐欺のネットワークは個人でも企業でも今や同じように狙っている、と述べました。

(引用文日本語訳) ビジネスメール詐欺では、詐欺師は会社の電子メールシステムをハッキングすることが多く、会社の役員を装って支払いを銀行口座に送金させ、それがさらにナイジェリアにいる詐欺師の手に渡っています。ロマンス詐欺では、被害者は恋愛関係が発展していると思い込まされますが、実際には詐欺師に金銭を送る目的で騙されているだけです。

Hanna 氏は、当局はこれが米国史上「もっとも大きな事件」だと考えている、と述べました。

詳しくロマンス詐欺について知るには、Alice と Duck が、出会い系サイトでどのようにマネーロンダリングの仲介者を作り出すのかについて説明している、以下の動画をご覧ください。
 
Top