カナダ: 州警察による小切手偽造犯摘発

Dororo

Administrator
Staff member
08 年9 月18日州警察ニュース
JSS 和訳

州警察組織犯罪取締部及び不正行為取締課は、小切手偽造及び北米地域に対する偽造小切手の大量送付に関連して2 名を逮捕した。

この捜査は、不正な小切手作成を摘発するために進められた。この不正は、職業紹介所、投資会社または宝くじに関連する偽造小切手と説明書類の作成及び送付によって行われていた。

多くののケースでは被害者に、要求していない手紙と小切手が送りつけられ、会社の評価が依頼される。依頼の内容は小切手を現金化し、現金化した金額のほとんどを実在しない会社に送金することである。後に小切手は不正なものであることが判明するが、金融機関の取り扱いは被害者負担である。

この捜査は州警察の組織犯罪取締部及び個人認識情報犯罪及び不正文書捜査課が、バンクーバー市警察、米国郵便検査局及びカナダ国内の主要金融機関の協力を得て進められた。

1200 人を超す被害の可能性がある人物が特定され、被害予想額は$120k から$2.1M である。

警察は9 月18 日に2 件の家宅捜索を実施し、コンピューター、プリンター、スキャナー、クレジットカードのデーター及び多量の小切手を押収した。

嫌疑は、
エトビコ在住のAdesoji Shakir SHITTU 32 才に対し、$5000 を超す詐欺1件、クレジットカードのデータ所持、盗品所有及び詐欺犯行の共同謀議。犯人は現在保釈聴聞のため拘束されている。

エトビコ在住のSimone SHITTU 26 才に対し、$5000 を越す詐欺1 件及びクレジットカードのデータ所持。犯人は10 月17 日に出頭することを条件に釈放された。

本件の捜査は継続中である。

更に詳しい情報は、州警察組織犯罪取締部、個人認識情報犯罪及び不正文書課のJames GORRY 警部(電話(705) 238-9818)に問い合わせられたい。
 
Top